就職面接での家族構成の質問

私は複雑な家庭環境で育ちました。このため家族についての問題は口外無用と教育されました。もっとも、そう教育されなくても、このような家庭環境だと、とても人に話す気は起きませんでした。自然と秘密主義になります。

こうした私が悩んだのは、企業の採用面接でした。私が新卒として就職活動をしていた頃は、採用面接等での家族構成の質問は、今よりも広く行われていました。これにどう対処すればよいのか分からなかったのです。このような悩みは誰にも相談できませんでしたし、今のようにインターネットで情報を探せる時代でもありませんでした。

* * * * * * * * * *

……と書くと、自分が卒業後ひきこもってしまったのを、家族や時代のせいにしているようです。そうなのかもしれません(もっとも、私のひきこもったのには、他にもまだまだ原因があると思います)。私よりも年上で、やはり複雑な家庭環境で育ちながら、企業に採用された方を知っています。優秀な若者ならこうしたハードルもクリアするのでしょう。ただ、家族構成の問題が一つのちょっとした障害であったことは間違いだろうと思います。

今は面接等で家族構成を質問されることは少なくなってきているようですが、完全に無くなったわけではないでしょう。今の複雑な家庭環境で育った若者は、なんとか頑張ってほしいと思います。ですが、よくよく考えると、私にそのようなことを言う資格はないような気もしてきます。なぜなら、今や私自身が、富条家の知られたくない秘密事項になってしまったからです……。

※ 私はこのブログや姉妹ブログで家族のことを時々書いていますが、伏せるべき事情については伏せています。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSフィード
本など
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。