親に内緒で自立支援施設へ

日本生産性本部が今年4月1日から、「ニートサポートネット」というウェブサイトを初めています。日本生産性本部は、厚生労働省の委託を受け、ニート等の自立支援施設である地域若者サポートステーション(サポステ)の運営等を行っています。

そのウェブサイトの「よくある質問」の中に、「親に内緒でサポステに通うことはできるの?」という質問項目があり、私の目を引きました。

実は私自身、親に内緒でこの種の自立支援施設に通っているという人に何人かお会いしたり、あるいは、そうした人がいるということを伝聞で聞いたりしてきました。

こうした施設は、当事者から通所することは稀で、まず第一に親が相談のために通所し、適当な時期がきたら当事者が次いで通所する場合が圧倒的、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、このような例もあるのです。それにしても、「よくある質問」でああいう質問が載っているということは、少なくともサポステでは親に内緒で通所する人は少なくはないのでしょうか。

* * * * * * * * * *

親に施設に通所していることを話せないとは、複雑な親子関係を想像します。もっとも、ただ単に恥ずかしくて親に言いにくいというのなら、私にも気持ちは分かります。

当事者が未成年であればともかく、成年の当事者が、特にサポステのような通所型で無料の施設に親に無断で通っても、別に構わないのではないかと私などは思います。

もっとも、親がこれをどう受け止めるかは分かりません。「最近あの子、決まった時間に出かける。何か自立のための活動でも始めたのだろうか」などと勘付く場合もあるでしょうし、「おかしな宗教にでも入ったのでは」などと邪推する場合もあるでしょう(※私は宗教を全否定するつもりはありません)。

見方を変えると、「あの子、最近出かけることが多くなった。悪いことでもやっているのでは」と親が邪推していても、実は本人は、サポステ等の自立支援施設に通っていて、社会参加のための活動に真面目に汗を流していたということも、あり得ない話ではありません。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSフィード
本など
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。