ニート引きこもりJournal

(元)当事者のブログ。2005年より。

15年以上引きこもり、脳幹出血で入院

Posted by 富条 on   0  0

15年以上にわたる引きこもり生活の後、脳幹出血。
そして、運動失調と構音障害に--
そんな40代独身男性への支援事例が、第53回日本理学療法学術大会で報告されたそうです。

↓ その報告です。国立情報学研究所のサービス CiNii へのリンクです。
◇ 星朋郎 (2019). 就労支援でセラピストが果たすべき役割とは何か: 一症例を通して見えたこと. 理学療法学Supplement, 46S1(0), G-95_2-G-95_2.
新しいウィンドウで開く

男性は入院しましたが、自宅退院。
そこに訪問リハビリテーションに従事するセラピストが、就労支援に向けてリハビリを行ない、報告を行なっています。

15年以上も引きこもっていた患者にとって、入院したり訪問リハビリを受けたり、人と関わることになったのは、苦痛だったのではないかと想像します。
屋外歩行の際、「第三者の目が気になる」「面倒くさい」との発言が患者にあったのは、もしかしたら、そのあたりが原因だったのではないかとも思います。

ただ、この報告全体としては、患者が引きこもり経験者だったことについて特別な記述はあまりありません。
支援の際、患者の引きこもり経験は特に問題にならなかったのでしょうか。
また、引きこもりの裏には何らかの精神疾患や発達障害が隠れている場合もありますが、そこも問題にならなかったのでしょうか。
このあたりのところは、報告を読んだ限りではもう一つ分かりません。
(短い報告ということもあるでしょう)

あと、これは訪問リハビリのセラピストの問題ではないでしょうが、患者が脳幹出血に至った背景も気になります。
長期引きこもりにより不健康な生活になっていたとか、健康診断に通えなかったといったことが、脳幹出血の背景にあったのかどうかを、私としては考えてしまいます。

スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://nhjournal.blog.fc2.com/tb.php/1599-8788844d
該当の記事は見つかりませんでした。