食寝分離

食べる部屋と寝る部屋を分ける


食べる部屋も、寝る部屋も一緒。
自室から出られないほどの引きこもりの人だと、こうなるだろうと思います。
私はそこまでの引きこもりを経験してませんが、よく同じ部屋で食べたり寝たりしています。

しかし、多くの日本人は、これを別としているはずです。
そもそも、住居の構成からして、食事と就寝の場が分けられている場合が多いです。
これを「食寝分離」と言うそうです。


西山夘三の食寝分離論


食寝分離論は、建築学者の西山夘三が1942年、論文「住居空間の用途構成に於ける食寝分離論」の中で唱えたことで知られます。

従来、日本の住宅は畳敷きで、住宅が小さくなればなるほど、一つの空間を様々に転用するのに都合よくできていると考えられていました。

これに対して西山は、たとえ小さな住宅でも、食事をとる部屋と寝る部屋を分ける生活実態があることを示し、秩序ある生活の最低限度の要求として、住居空間の食寝分離の必要性を提唱したのです。

食寝分離には、布団の埃が舞う部屋で食事をとらずに済むといった衛生上の問題の改善や、家事負担の軽減といった利点が挙げられます。

食寝分離論は戦後、集合住宅の設計に大きな影響を与えます。
住宅の間取りをnDKやnLDKと呼ぶようになったのも(nには数字が入ります)、この食寝分離論の影響です。


私は食寝転用しているが


西山の食寝分離論の視点で見ると、自室で孤食することがある私の生活の仕方は、最低限の秩序さえないということになるのでしょうか(時代背景は違いますが)。
ワンルームマンションに住んでいるわけでもなく、家には食事専用のちゃんとした空間があるのに、なんともお恥ずかしい話です。

ただ、私は建築学や住居学の専門家ではないので、食寝分離の必要性が分かりません。
例えば、布団の埃が舞う部屋で食事をとるのは不衛生と言いますが、それも食事の時間帯を考えるなど工夫で何とかならないものなのでしょうか?
一つの部屋で食事も睡眠も完結できるとすれば、そちらの方がコンパクトで便利だと思います。
素人考えですが……。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
学校や幼稚園で話せない子
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。