ニート引きこもりJournal

(元)当事者のブログ。2005年より。

気持ちが荒み始めてます

Posted by 富条 on   0  0

「8050問題」は、以前から分かりきっていたことです。
親と引きこもりの子供が高年齢化すれば、家庭が困窮する--
そんなことは、昔から容易に想像がついていました。

我が家にもそのシナリオはあり得るだろうと思っていました(私のせいで)。
自分の暗い将来は、これまで何度も心に思い描いてきました。

ですが、いざその時が近づくと駄目です。
ここのところ、身近に迫りつつある悲観的な行く末の話ばかり親から聞かされ、私の心理状態も荒れ始めています。

将来が不安でたまらない。
何かにすがりつきたい。
人生投げ出したい。

そんなことを私は考え出すようになってきました。
気を失いそうになったこともあります。
ブログにしても、もう愚痴ばかり書いてしまいたい気分です。

そして、改めて自分を責めるわけです。
私がもっとしっかりしていれば、もう少し明るい展望も見えただろうにと。
今の私だと、経済力も信用も社会経験も、何かもありません。
私がふがいないばかりに。
生まれてこなければよかった。

* * * * * * * * * *

ですが、こんなことばかり考えていても仕方がありません。
親の身体が弱る中、今や我が家は、私無しでは回らなくなりつつあるのです。
私は家を中心とした生活を送っていて、四六時中親と付き合うことができます。
親への身の回りのサポートは、こんな私ができる数少ないことです。

また、不必要に落ち込まないよう、こうした状況に心理的にうまく対処する方法も考えたいです(メンタルが弱すぎです)。
そして、問題を解決するための方法を探ることができるとよいです。

昔の話になりますが、学校の先生方や、支援施設のスタッフの方が、私の将来のためにたくさん力を尽くしてくださいました。
自分の将来を見捨てることは考えないでいたいです。

でもやはり苦しいです。
お恥ずかしい記事、すみません。

スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://nhjournal.blog.fc2.com/tb.php/1518-750c0c88
該当の記事は見つかりませんでした。