サポステのポスターを見つけて

公立図書館で見かけた


ある公立図書館で、地域若者サポートステーション(サポステ)のポスターを見つけました。

サポステは、ニート等の若者の自立を支援する施設です。
厚生労働省が様々な団体に委託して展開している事業で、全国で175箇所あります(平成30年度)。
かく言う私も、サポステの「修了生」です。

サポステは、その存在があまり知られていないと昔から言われています。
少し古い調査ですが、内閣府による平成24年度「若者の考え方についての調査」によると、サポステの若者の間での認知度は6.6%でした(内閣府, 2013)。

サポステとしてはその認知度を高めようとするのはもっともなことです。
公立図書館にポスターを貼ってもらうという手法も、分かるような気がします。
サポステは厚労省委託事業ですから、公共施設の公立図書館なら、ポスターの貼り出しに理解が得られやすいかもしれません。
また、事実かどうか分かりませんが、無業の若者は公立図書館に足を運ぶことがあるという話は聞いたことがあります。


無業の若者の立場になって考えると、複雑な思い


ただ、サポステに通ったことのない無業の若者の身になって考えると、複雑な思いです。
就労への意識が向いた若者ならよいです。
ポスターを見たことが、サポステなどへの就労支援施設に通所する契機になるかもしれません。

ですが、そうでない若者が、こうしたポスターを見れば、どうでしょう。
あくまで想像なのですが、「働け」というプレッシャーを感じ、ポスターを、場合によってはその公立図書館を避けてしまうかもしれないと思います。
無業の人にとって、安心して出入りできる社会的な場は比較的限られると思うのですが……。
また、働くことへの意識が向くどころか、逆効果になってしまう人も出てくるのではと思います。

このあたり、なんとも繊細な問題ではないかと思います。
もっと、これは私の考えすぎで、みんな大して気にしないかもしれませんけれども。


文献


◇ 内閣府 (2013). 若者の考え方についての調査 (ニート、ひきこもり、不登校の子ども・若者への支援等に関する調査). http://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/thinking/h24/pdf_index.html

スポンサーリンク

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
学校や幼稚園で話せない子
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。