ニート引きこもりJournal

(元)当事者のブログ。2005年より。

勉強も仕事もしていないという、天才的ハッカー

Posted by 富条 on   0  0

ルイス・アイヴァン・クエンデさん


ニニ(NiNi) は、勉強も仕事もしていない若者のことです。
"ni estudio, ni trabajo" の略で、スペイン語圏で使われている言葉です。
日本で言うニートに近いかもしれません。
前回お話しました

特に、スペインのニニについて調べていたところ、気になることがありました。
ルイス・アイヴァン・クエンデ(Luis Ivan Cuende)さんという若者の記事が、何件も見つかったのです。
自らをニニであるとしたこの青年は、天才的ハッカーなのだそうです。

[ルイスさんの実績(一部)]

○ AsturixというOSを開発し、12歳で起業
○ 18歳未満のヨーロッパ最高のハッカーに選ばれる(2012年)
○ Aragonという仮想通貨を始める(2018年)

思いっきり仕事してるやん!どこがニニやねん!という素朴な疑問が沸いてきます。
このあたりは、調査不足でよく分かりません。


「学校が、仕事が若者のニーズに合っていない」


ただ、ルイスさんは高校は卒業していないそうです(単位は全て取得)。
そして、現在のスペインの学校教育制度について、教師が専制的であると批判。
ニニは多くの場合、学校教育が彼ら彼女らのニーズに合っていないものであり、同様のことが仕事についても起こっているとルイスは主張しました(少し前の話であり、現在もそのような主張をしているかは分かりません)。

2014年に出した著書 Tengo 18 años y ni estudio ni trabajo : ¡monto empresas y vivo haciendo lo que me gusta! は、Googleの機械翻訳を参考にすると、『僕は18歳で、勉強も仕事もしない:沢山の会社を経営していて、好きなことをして生きている!』ぐらいの意味ではないかと思います(私はまだ読んでいません)。

ルイスさんは、ご自分がなさっていることを仕事とは考えていないだけなのかもしれません。
教育制度や労働市場が若者のニーズに合わないからニニが生まれるという考え方は、ルイスさんのような成功者が主張するから説得力があるのでしょう。
仮に、私のような者が同様の主張をしても、「自分の不出来を社会のせいにするな」と叱られて終わりです。
ルイスさんは、現在のスペインの教育制度への代替案を示していますし、モデルになりそうな他国の教育制度もご存じで、その主張はしっかりしています。




スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://nhjournal.blog.fc2.com/tb.php/1486-72735fc7
該当の記事は見つかりませんでした。