私の部屋のエアコンがリコールか!業者が点検にやってくる?

エアコンに発火の恐れ


私の部屋にもエアコンがあります。
そのエアコンのことで、気になる知らせがありました。

とあるメーカーが製造したルームエアコンの一部に、発火の恐れがあるというのです。
このため、そのメーカーは、無償点検と無償修理を受け付けるとのことでした。
リコールです。

実は私の部屋のエアコンも、そのメーカーが製造したものでした。
リコールに該当する機種名と製造年を調べたところ、私の部屋のエアコンの製造年とぴったり一致しました。

さあ、大変です。
業者の方に点検していただかなくてはなりません。


業者の方を部屋にお招きするのは抵抗が……


ですが、私は引きこもりがちの人間です。
業者に、私の部屋に点検に入っていただだくのは、強い心理的抵抗があります。

しかし、さすがにこのまま点検をしないまま夏を迎えるのはよくありません。
万一火事になれば、大変です。
やむを得ず、業者の方に来ていただくしかないか……

そう観念していたところ、また別のことに気づきました。
リコール対象のエアコンは、たとえ同じ製造年でも、製造番号によっては対象にならないとのこと。
そこで、さらに製造番号を確認したところ、私の部屋のエアコンはリコール対象ではないことが分かったのでした。

びっくりしました。
いや、最初から製造番号までしっかり確認すればよかったのです。
お恥ずかしい話です。

発火の恐れが指摘されたエアコンは、私の部屋のメーカーのものに限りません。
そして、その数は膨大な数に上ります。
全国の引きこもりの人の部屋のエアコンはどうでしょうか。
そして、点検や修理を受け入れることはできたのでしょうか。


スポンサーリンク

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
学校や幼稚園で話せない子
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。