除雪できました!近所の方とご一緒にする機会も

おかげで筋肉痛が……


「お前の趣味は雪かきか!?」

親にそう言われてしまいました。

私は雪国住まいです。自宅に引きこもりがちの私ですが、今年は例年以上に雪かきをしており、親に「趣味」呼ばわりされるほどです。平日の日中を避けての雪かきですが、他の家も平日の日中は雪かきをしないことが多く、特に我が家だけ雪かきに非協力的ということはありません。

雪かきをしていると、意外に多くの方に声を掛けられました。ご近所の方が声を掛けてくださるのは分かるのですが、全くの見ず知らずの方に話しかけられることも結構あり、驚きました。若い女性に声掛けされる場面もあり、ちょっと嬉しかったです。

広い意味で働く


長期引きこもりを経験すると、労働市場に入って就労するのはハードルが高いです。ですが、雪かきというかたちで(広い意味で)働くのであれば、ハードルは下がります。履歴書の空白があるから雪かきできないとか、そのようなことはありません。雪かきの道具さえあれば、思い立ったときにできます。

難点は、雪かきをしている最中、ご近所の方や通行される方に、その姿を見られることです。これは、引きこもりの人にとっては嫌でしょう。私は日ごろからある程度外出はしていて、ご近所の方とも顔は合わせていますし、「平日の日中を避けさえすれば問題はなかろう」と大雑把に考えてしまったのでした。以前はそこまで大雑把ではなかったように思います。そのあたりの感覚が麻痺してしまったのでしょうか。

このような考えで、特に、家の近くの十字路の除雪などは、近隣にお住まいの5、6人の方たち(いずれも知らない方)と一緒に頑張りました。何時間もかけて雪をどかし、道路が綺麗になった時の達成感は大きかったです。もっとも、その直後にショベルカーがやって来て、私たちが雪かきした箇所よりずっと広いスペースをあっという間に除雪してしまい、唖然としました。

関連記事


↓ 後日談です。
◇ ご近所での、私の評判
新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

この記事へのコメント

- ひろみ - 2018年02月15日 07:58:47

雪かき、お疲れ様でした。  今年は雪が多く、雪国は大変ですね。 私も雪国育ちなのですが、昔は今ほど雪がなかったのか、あまり雪かきの思い出がありません。  子供だったので、しなかっただけかもしれませんが。   今は、雪のない所に住んでいるので、雪かきはしませんが。   雪かきは、けっこう力がいるので、お母さんは、きっと喜ばれていらっしゃる事でしょうね。  親孝行ですよ。   私の実家の両親は、もう年なので、雪かきはできなくなりました。  運動にまなりますし、また機会があれば、してあげて下さいね。   除雪車には、めげないで、頑張って下さいね。

- 富条 - 2018年02月15日 21:32:42

雪国育ちの方からそう言って頂けて嬉しいです。

私が例年以上に雪かきをしたのは、やはり齢を重ねる母親のこともありました。雪かきはけっこう力がいりますよね。ご近所の高齢の女性も、固まった雪にシャベルの歯を入れようとしたのですが、固くてできないとおっしゃっていました。除雪車には唖然とさせられましたが、除雪で身体を痛める中、まるで救世主のように見えました。

雪にはまって動けなくなる車をたくさん見てきましたし、私自身、雪のことで車の運転に四苦八苦してきたので、雪かきは頑張りたいです。

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
本など
学校や幼稚園で話せない子
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。