ニート引きこもりJournal

(元)当事者のブログ。2005年より。

高齢の親を車で送迎

Posted by 富条 on   0  0

雪道と親の老い


連日、車を運転しています。

主に親の送迎のためです。といっても、これまではこんなに頻繁に送迎することはありませんでした。この送迎回数の急増の背景には、冬という季節要因と、親の老化があります。

まず、この季節になると雪が降ったり路面が凍結したりして、歩くと滑って転んでしまう危険があります。私のような年齢の者が転倒してもどうということはないのですが、私の親のように年齢を重ねると、話が違ってきます。最悪の場合、骨折して、寝たきりになる危険もあります。このため、親は歩いて出掛けにくいです。

こうなると、徒歩ではなく車で外出することが多くなります。ですが、雪道の運転は危険で、特に親のような年齢になると、自ら運転しづらいでしょう。

加えて、最近親の体調があまりよくないという特殊事情も重なって、私が車で親の送迎をすることが頻繁になったわけです。

将来、こういうことが季節を問わず増える


このようなことが可能なのは、私が自宅に引きこもりがちで、しかも親と同居しているからでしょう。

私はもともと自動車事故を起こすのが怖くて、プライベートで運転をするのはできるだけ控えているのですが、家族に頼まれればそういうわけにはいきません。また、親と付き合う時間が増えたことから、自分の時間を持てなくなりつつありますが(ブログを書く時間とか)、これもやむを得ません。私の今の生活は親がいるから成り立っているわけですから。

将来、親がさらに年齢を重ねると、冬に限らず、このように私が車で送迎することが増えるのではないかと思います。その時のことに、思いを致しています。

スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://nhjournal.blog.fc2.com/tb.php/1451-24490210
該当の記事は見つかりませんでした。