ニート引きこもりJournal

(元)当事者のブログ。2005年より。

堺市ユース・ピアサポーター

Posted by 富条 on   0  0

◇ 岩田光宏 (2017). ひきこもり当事者によるピア活動を目的としたひきこもりサポーター養成派遣事業:「堺市ユース・ピアサポーター」 養成派遣事業の取り組みについて. 日本公衛誌, 64(12), 727-733.
新しいウィンドウで開く

※ 「科学技術情報発信・流通総合システム」(J-STAGE)へのリンクです。リンク先ページ「PDFをダウンロード」をクリックすると、内容を閲覧できます。

これは、堺市こころの健康センター(精神保健福祉センター)の職員が、同市で行なわれた「堺市ユース・ピアサポーター」養成派遣事業の取り組みを報告したものです。平成25年度(2013年度)年度から平成27年度(2015年度)までの3年間の報告です。

「ひきこもりサポーター」の養成派遣事業が平成25年から始まっているのですが、これには、引きこもりの経験者や家族による「ひきこもりピアサポーター」も含まれます。堺市の場合、当事者のピアサポーターを「堺市ユース・ピアサポーター」と呼んでいるそうです。

報告では、当事者のピアサポート活動は自身の経験を活かせるものであったこと、直接的な対人支援ではなく間接的な支援であったこと、短期間の活動だったことなど、当事者にとって参加しやすい活動であったことが書かれています。ピアサポート活動が、よく考えられて行われていることが分かります。

参考文献には、ピアサポーター事業に関する過去の実践報告もいくつか挙げられており、しかもそれはアクセスしやすいウェブ資料ばかりです。併せて読むと、ピアサポーターのことがある程度学べそうです。

関連記事


◇ ひきこもりサポーターの実績
新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://nhjournal.blog.fc2.com/tb.php/1450-c5b0451f
該当の記事は見つかりませんでした。