引きこもりで脚気(かっけ)に!?

「ウェットベリベリ」。引きこもりの39歳男性がこの病気にかかったとして、報告されています。

↓ 英文での報告ですが、日本の引きこもりの男性だそうです。
Tanabe, N., Hiraoka, E., Kataoka, J., Naito, T., Matsumoto, K., Arai, J., and Norisue, Y. (2017). Wet Beriberi Associated with Hikikomori Syndrome. Journal of General Internal Medicine,. Advance online publication.
https://doi.org/10.1007/s11606-017-4208-6
新しいウィンドウで開く

「ウェットベリベリ」とは、不思議な名前の病気です。「きゃりーぱみゅぱみゅ」みたいな語感があります。日本語では何と言うのだろうと調べたところ、なんと「湿性脚気」でした。

脚気(かっけ)だなんて、いつの時代の病気だろうと思ってしまいました。脚気は「ビタミンB1欠乏による栄養障害病」のことです(かっけ, 2008)。膝下を叩いて足が跳ね上がるかどうかを見るという、検査方法が知られています。

脚気はかつては日本の国民病でしたが、栄養状態が改善した現代では、昔の病気と思っていました。とはいえ、現代でも脚気に関する情報は調べると出てきますし、あり得ない病気ではないようです。飽食の時代でも、食生活が偏ると起こるのかもしれません。

上の報告は、私は概要しか読んでいないので、詳細は分かりません(本文を読もうとするとお金がかかるなどします)。ですが、保存食の消費のし過ぎによるビタミンB1欠乏が指摘されているようです。保存食とは、インスタント食品のことでしょうか。

引きこもりが長期化すると、偏った食生活による栄養不良、栄養障害に陥る場合があるということは、私が知る狭い範囲でも、以前指摘がありました(中垣内, 2010)。今回もそういうケースだったのでしょう。食生活には気をつけたいものです。

※ 「ベリベリ」は、スリランカのシンハラ語が由来だそうです。

◇ beriberi | Definition of beriberi in English by Oxford Dictionaries
新しいウィンドウで開く

文献


◇ 中垣内正和(2010). 長期化・重篤化したひきこもりへの支援の必要性について. 旅立ち, 56, 2. http://www.khj-h.com/tabidati/tabi_56.pdf
◇ かっけ(2008). 百科事典マイペディア電子書籍版. 平凡社.

スポンサーリンク

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
学校や幼稚園で話せない子
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。