NEET の E は Education が先

Not in Education, Employment or Training


ニートという用語は、英語の NEET が由来です。それでは NEET は何の略かというと、Not in Education, Employment or Training という説明が最も多いです。教育、雇用、職業訓練、いずれにも参加していないということです。

ところが、時に違った説明を目にすることもあります。NEET は Not in Employment, Education or Training の略だというのです。Employment(雇用)と Education(教育)の順序が逆になり、Employment(雇用)が先となっています。どちらが正しいのでしょう。

NEET という用語の初出とされるイギリスの社会的排除防止局の報告書 Bridging the Gap では、Education(教育)が先です。ですから、もともとはこちらが正しかったということになります。

◇ Bridging the gap : new opportunities for 16-18 year olds not in education, employment or training, presented to Parliament by the Prime Minister
新しいウィンドウで開く

日本でニートというと、雇用に注目が集まってきた


10年以上前、ある日本の専門家がブログの中で、この件について書いていたことを覚えています。それによると、Education が先なのは、それだけイギリスの NEET 問題では、教育が注目されているからとのことでした。ただし、もう無くなったブログのようで、私のうろ覚えの記憶によるお話です。

日本でニートというと、雇用面に特に注目が集まってきました。「働いていない若者」がニートのイメージに近いです。この違いの原因は様々でしょうが、その一つはニートの年齢層にあるのではないかと私は見ています。

先のイギリスの報告書 Bridging the Gap では、NEET は16歳から18歳までと区切られています。日本で言えば高校に通う者が多い年齢層です。一方、日本版ニートの年齢の区切りは、15歳から34歳までとされてきました。最近では年齢が高いニートが注目されているのか、最新の「子供・若者白書」では「若年無業者」(ニート)の年齢が39歳までと上限が上がっています。どちらの年齢層にしても、通学よりも就労している者の方が多いです。

こういう背景を考えると、Not in Employment... と雇用を先にしたくなるのは、特に日本では分かるような気もします。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSフィード
本など
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。