自分の声を録音し、聞き取りやすい話し方か評価してみる

ポッドキャストに挑戦してみようかと思い、先日、試しに自分の声を録音して聴いてみました。ところが、あまり聞き取りやすいとは言えない話し声で、がっかりしました。

自分の声を録音して聴くと、普段自分が聞いている声とは違うと違和感を持ちやすいですが、周囲の人にとってはむしろ録音の声こそが普段聞いている声に近いのです。私はこれまで、こんな話し方でたくさんの人に話をしていたのかと思うと、真っ青になりました。

録音・再生で話し方矯正


私はひきこもり等の支援施設に通っていた頃から、「今、何て言ったの?」と聞き返されることが多々ありました。学校に通っていた頃は極端に無口だった上、その後の長期にわたるひきこもり生活により、人と話をする機会が極端に少なく、相手に言葉を伝えることが不得手になっていたようです。

そういうわけで、相手に聞き取りやすい話し方をしようと改めて考え、録音により自分の話し方を客観的に聴いて、自分の話し方を試行錯誤して変えようと考え出しました。録音というと、何か専門的な機器を買わなければならないものと思っていましたが、最近は無料の録音アプリが出ているのを知り、アプリをタブレット端末にインストールして録音しています。ですが、ポッドキャストをするのなら、お金を投じてそれなりの環境で録音した方がよいようにも思え、そのあたり悩んでいるところです。

※ ポッドキャストは、姉妹サイト「場面緘黙症Journal」の企画として行うことを考えています。もしポッドキャストが実現したら、このブログでもご紹介する予定です。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSフィード
本など
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。