ハプニングにより、外の世界と接触を持つことに

ある日、私の親がとてもしんどそうに寝込んでいて、びっくりしたことがあります。夕食に食べたスーパーの弁当にカキフライが入っていて、それが原因で食中毒を起こしたようです。苦しそうにしている親を心配そうに見ていたら、こう言われました。「車で病院まで連れてってくれんか」

親が倒れても、電話で救急車を呼べないひきこもりの人の話を読んだことがあります。私の場合、当時はひきこもりの支援施設などに時々出掛ける程度のひきこもりだったためか、なんとか親を病院に連れていくことができました。その後、親は入院しました。ですが、親には本当に申し訳ないのですが、ひきこもりの身として、病院に行くことに心理的抵抗があったのが正直なところです。

* * * * * * * * * *

このように、ひきこもり生活を送っていたらハプニングに見舞われ、想いもがけず外の世界と対人的接触を持つかどうかの瀬戸際に立たされることがあります。ほかに私に実際にあった出来事では、銀行のキャッシュカードを紛失してしまい、銀行の窓口で支払い停止措置と再発行の手続きをとるかどうか葛藤したことがあります。

対人的接触を持ちたくない私としては、こうしたことがないよう、想像できる範囲でハプニングが起きないよう慎重な行動をとるようにしていました。例えば、けがや病気をしたら病院にかからなければならなくなりますが、それは嫌なので、けがや病気をひきこもりになる前以上に避けるようにするとか。

食中毒にしても、あの日からカキの類いは一切食べないようにしています。実はあの日、私も親と一緒に同じスーパーの弁当を食べていて、巡り合わせ次第では食中毒で入院したのは私の方だったところでした。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSフィード
本など
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。