「引きこもることを自分で決めた」

彼らの一番難しい部分はなかなか御本人が登場しないという、ほとんどは御家族から相談が上がり、御本人はなかなか、自ら進んで僕は不登校です、引きこもりですと来る人たちは少ないわけですね。
じゃ、それは諦めるかというと、彼らなりの原因がというか理屈があるわけですね。
それは、自らが不登校を決めた、で、自らが引きこもることを自分で決めたわけです。
自分で決めるということは、ちょっとやそこらで周りの人が後押ししても多分びくとも動かないだろうと思います。
自分が出るときには自分で自己決断をして、自分の意思で外に出ると決めていますから、なかなか支援が行き届かないという現状でした。

平成30年2月14日に行われた参議院国民生活・経済に関する調査会(第3回)で、引きこもりに関する、やや突っ込んだ議論がありました。

参考人として、特定非営利活動法人わたげの会理事長で、仙台市ひきこもり地域支援センター長の秋田敦子氏が出席されていました。冒頭のお話は秋田氏によるものです。

↓ 「国会会議録検索システム」へのリンクです。
◇ 参議院会議録情報 第196回国会 国民生活・経済に関する調査会 第3号
新しいウィンドウで開く

私自身について言うと、私は自分で決めて引きこもったとは考えていません。
進路が決まらないまま大学を卒業したことがきっかけで、引きこもりになったという経緯があります。
社会に所属する場所を失い、自宅にしか居所がなくなったわけです。
秋田氏が見てきた引きこもりの人とは少し違うタイプなのかもしれません。

考えてみると、私が引きこもりの居場所などの支援施設に自ら登場したのには、もしかしたらこうした経緯も関係していたのかもしれません。
秋田氏が関わってきた引きこもりの人のように、引きこもることを自分で決めたという意識がなく、その点に限って言えば、引きこもり状態で居続けることに特別な拘りはなかったのでしょう。
社会に居所を失ったために引きこもりになったということは、自分が参加できそうな居所さえ見つけることができれば、そこに出てくる準備はあったわけです。
人と関わることができなかった私にとって、その居所は職場ではなかったのですが、引きこもりの支援施設に通うことならできたのでした。

スポンサーリンク

ライブ感覚を味わいたい

ニコ生、ラジオ、ライブカメラ……


ニコニコ生放送(ニコ生)というものを見たことがあります。
ニコ生とは、リアルタイムで配信される映像を視聴しながら、コメントやアンケートを楽しむことのできるネットライブサービスです。

私がその時に見た配信は、私の地元の人が、地元から発信するものでした。
今この時に、同じ地元であのようなことをしている人がいることを実感し、不思議な面白みを感じたものです。

ニコ生はあまり見ないものの、私は最近、インターネットによる様々なライブ配信を好んで見聴きすることが増えました。
サイマルラジオ(生放送が多い放送局)やライブカメラ、さらには河川の水位状況(氾濫の心配がない時も)まで、趣味のように見聴きしています。
大体は、私の現居住地や、出身地といった馴染みのある地域からの配信です。


外の世界への意識


これはもしかしたら、私が引きこもりがちで、自室を中心とした生活を送っていることと無関係ではないのではないかと思います。
自分でもはっきり分からないのですが、外の世界、特に自分にとって身近な地域がどう動いているかを、ライブ感覚で味わいたい心理があるように思うのです。

引きこもりのような生活を送りながらも、外の世界に意識が向いているのでしょう。
いや、引きこもりがちだからこそなのかもしれません。
また、私には外の世界に関心を向ける余裕がまだあるのでしょう。

もっとも、外の動きを見ると、自分が取り残されている感覚がしたり、将来不安を感じたりする心配もあります。
ですが、今のところはそうしたことはさほど感じません。
ネットで外の世界を眺める程度だと、人との関わりもなく、大体はある意味安全です。
ニコ生についても、コメントはせずに、単に眺めるだけにとどめていたのが正直なところです。

スポンサーリンク

消費者契約法の改正

第四条(略)

3 消費者は、事業者が消費者契約の締結について勧誘をするに際し、当該消費者に対して次に掲げる行為をしたことにより困惑し、それによって当該消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示をしたときは、これを取り消すことができる。

一・二 (略)

三 当該消費者が、社会生活上の経験が乏しいことから、次に掲げる事項に対する願望の実現に過大な不安を抱いていることを知りながら、その不安をあおり、裏付けとなる合理的な根拠がある場合その他の正当な理由がある場合でないのに、物品、権利、役務その他の当該消費者契約の目的となるものが当該願望を実現するために必要である旨を告げること。
イ 進学、就職、結婚、生計その他の社会生活上の重要な事項
ロ 容姿、体型その他の身体の特徴又は状況に関する重要な事項

四 当該消費者が、社会生活上の経験が乏しいことから、当該消費者契約の締結について勧誘を行う者に対して恋愛感情その他の好意の感情を抱き、かつ、当該勧誘を行う者も当該消費者に対して同様の感情を抱いているものと誤信していることを知りながら、これに乗じ、当該消費者契約を締結しなければ当該勧誘を行う者との関係が破綻することになる旨を告げること。

これは、改正消費者契約法の条文です。
(太字は原文になく、私が施したものです)
平成31年6月15日から施行されます。

「社会生活上の経験が乏しいことから」とありますが、この文言を含んだ条文は、成人年齢の引き下げに伴い、今回新たに付け加えられたものです。
ですが、これは引きこもりの人も該当し得るようです。
この箇所については国会でも議論されており、「国会会議録検索システム」等でも確認できます。

◇ 消費者契約法の一部を改正する法律(平成30年法律第54号) | 消費者庁ホームページ
新しいウィンドウで開く

◇ 消費者契約法 特設ページ - 日本消費経済新聞
新しいウィンドウで開く

◇ 国会会議録検索システム
新しいウィンドウで開く

社会との接点に乏しい引きこもりの人が、このような不当な勧誘を受けて消費者契約を結ぶことはどれほどあるだろうかという思いもないではありません。
ですが、社会参加を考える段階になった時に、進学や就職で、不当な勧誘を受けることは確かに考えられるように思います。

また、親が亡き後に、このような被害に遭うことも考えられるように思います。
次のような報道も、過去にはあります。

↓ nippon.com という情報サイトへのリンクです。記事中段に「中高年引きこもりを狙う魔の手」という項目があります。
◇ 「引きこもり」長期高齢化の陰で (新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

NEXT≫
最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
本など
学校や幼稚園で話せない子
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。