ひきこもり関係論文の検索

Google でひきこもりの論文を検索されている方がいらっしゃるようです。

インターネットで論文を探すのであれば、専門の検索サイトを使う方が効率的だろうと思います。それをご存じの上で検索されているのかもしれませんが、もしかしたら、そうでもないのかもしれません。

そこで今回は、ひきこもり関連論文を調べるのに役立つ代表的な専門サイトをご紹介してみます。私は研究者や学生ではないのですが、分かる範囲で。今回は無料で登録無しでも使える検索サイトをご紹介します。

国内外


Google Scholar


https://scholar.google.co.jp/
新しいウィンドウで開く

学術文献に特化した Googleの検索サービス。日本語文献に限らず、様々な言語の文献を検索できます。論文だけでなく、書籍もヒットすることがあります。全文検索が可能。引用回数も分かります。関連性で並び替えすることにより、ひきこもりとはあまり関係ない文献を、低い優先順位で検索することもできます。

国内


CiNii


https://ci.nii.ac.jp/
新しいウィンドウで開く

国立情報学研究所による学術情報検索サービス。全文検索も可能。「本文あり」検索は便利ですが、そのうち「医中誌Web」で公開されている文献は会員でなければ読めません。また、『週刊新潮』や『婦人公論』といった、一般雑誌の記事がヒットすることもあります。

J-GLOBAL


https://jglobal.jst.go.jp/
新しいウィンドウで開く

国立研究開発法人科学技術振興機構による、科学技術総合リンクセンター。全文検索はなし。先ほどの『週刊新潮』のような一般雑誌は、検索対象に含めていないようです。

J-STAGE


https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja
新しいウィンドウで開く

電子ジャーナルに特化したもの。ここでヒットした文献の多くは、無料で閲覧可能です。国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST) のサービス。

JAIRO


http://jairo.nii.ac.jp/
新しいウィンドウで開く

各大学や研究機関が論文などを公開するデジタル資料サービス「機関リポジトリ」の横断検索に特化したもの。ここでヒットした文献は大概、無料で閲覧可能です。国立情報学研究所のサービス。

国外


PubMed


https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed
新しいウィンドウで開く

生物医学関係の論文を検索できます。ただ、ひきこもり関係論文については、hikikomori と検索すると少しヒットする程度です。これはこのデータベースが悪いというより、もともと論文が少ないのでしょう。米国生物工学情報センター (National Center for Biotechnology Information)のサービス。

特殊(国内)


KAKEN


https://kaken.nii.ac.jp/
新しいウィンドウで開く

科研費が交付された研究のデータベース。研究が開始から1年以上が経過したものには、徐々に研究実積報告が上がってきます。国立情報学研究所のサービス。

厚生労働科学研究成果データベース


https://mhlw-grants.niph.go.jp/
新しいウィンドウで開く

ひきこもりについては件数が少ないですが、重用な研究成果も中には掲載されています。

スポンサーリンク

いただいた拍手(2018年1月)

アイキャッチ画像
先月もたくさんのブログ拍手をくださりありがとうございました。2018年1月にいただいた「拍手」をまとめました。FC2 ブログのブログ拍手管理機能を主に用いて集計を行っています(統計期間:2018年1月1日~2018年1月31日)。

総拍手数: 60拍手

1月に公開した記事の拍手


18/01/03 いただいた拍手(2017年12月) 8
18/01/08 親のパソコンの手伝い 11
18/01/12 散歩の楽しみ方 10
18/01/17 堺市ユース・ピアサポーター 8
18/01/22 高齢の親を車で送迎 8
18/01/26 踏み台昇降買いました 11

12月後半に公開した記事の拍手


17/12/13 ポイントカード持たない派 2
先月との合算: 14拍手
17/12/20 どの方角向いてますか? 2
先月との合算: 15拍手
17/12/27 私の部屋は、建築基準法の「居室」 0
先月との合算: 12拍手

その他拍手をいただいた記事


ありませんでした。

むすび


たくさんの拍手、ありがとうございました。参考にいたします。

※ ブログ拍手にコメントをくださった方、ありがとうございます。コメントが非公開の方については、ブログの設定上コメントをお返しできません。ご了承ください。

[おまけ:当ブログPC版にアクセスされた方の使用OSと使用ブラウザ トップ5]

Windows 7 / 31.08%
Windows 10 / 28.68%
Android / 9.52%
Mac OSX / 7.19%
Windows 8.1 / 6.47%

Chrome 63.0.3239.132 / 23.82%
Internet Explorer 11.0 / 20.51%
Safari 11.0 / 7.01%
Chrome 63.0.3239.111 / 6.5%
Chrome 63.0.3239.84 / 5.8%

統計期間 2018年1月1日~2018年1月31日。忍者ツールアクセス解析による。なお、使用OSと使用ブラウザは、前回では2017年10月に記録しています。 (新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

踏み台昇降買いました

踏み台昇降の写真

散歩代わりに


踏み台昇降を買ってみました。

私は体力・筋力低下対策に、散歩をしています。ですが、私は引きこもりがちなので、外出がしにくいです。人目につく平日昼間の外出は避け、夜に出歩くようにしてはいるのですが、夜道は危ない上、散歩ができる時間帯が限られてしまいます。また、私が住む地域は雪国で、冬になると外出がしにくくなります。

そこで、室内でも散歩代わりの運動ができそうな、踏み台昇降を買ったわけです。調べたところ、踏み台昇降は2,000円ぐらいでも買えることを知り、それならと思ったのでした。もっとも、この運動は靴を履いて行なった方が望ましいことを後になってから知り、追加的にスポーツシューズを購入したため、当初の想定よりお金がかかってしまいました。(※)最初は素足で始めたのですが、これだと意外に足に負担がかかり、怪我に発展することもあるらしいです。

なかなかいいです!


さて、いざ踏み台昇降を始めてみたところ、これがなかなかよいです。部屋にちょっとしたスペースがあれば、部屋着のままでできます。いつでもできるため、細切れ時間を利用して運動することもできそうです。私の環境だと、騒音を気にする必要もあまりありません。

踏み台昇降のやり方はネットで検索。昇り降りするだけだと単調で退屈なのですが、私の場合、英語のポッドキャストを聴くのを日課にしており、それを聴きながらすると退屈ではありません。

身体への負荷は、思ったより感じました。10センチという低めの高さに設定していたのですが、同じ時間散歩するよりも、身体への負担を感じました。ちょっと運動するだけでも、すぐに疲れて姿勢が崩れてしまい、これではいかんと姿勢を正します。まだ慣れていないこともあるかもしれません。

心配なのは、散歩代わりに踏み台昇降をやりすぎて、かえって外出しなくなってしまう可能性です。ですが、まだ始めたばかりなのに、これは少し考えすぎのような気もします。まずはしっかり続けることです。お金を使って買ったものですし。


※ 有り合わせのスポーツシューズがあればよかったのですが、ありませんでした。長期引きこもり生活を送ってきたためか、スポーツシューズを買ったのは高校入学のときが最後です。高校の時の靴なんて使えません。靴にも寿命がありますし、使わないでいるだけでも劣化が進むそうなので。

スポンサーリンク

≪PREVNEXT≫
最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
RSSフィード
本など
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。