「シニアサポートステーション」創設案に難色-西宮

40歳以上の引きこもりに特化した相談窓口「シニアサポートステーション」(仮称)を創設してはどうか--

こうした提案が、兵庫県の西宮市議会で出ました。2017年6月29日に行なわれた、平成29年6月(第9回)定例会のことです。提案者は、松山かつのり市議(公明党)です。

これに対し、西宮市の土井和彦健康福祉局長は、高年齢の引きこもり当事者および家族のニーズの多様性を理由に、一つの部署で全てのケースを支援することに難色を示しました。

↓ 西宮市議会の会議録へのリンクです。
◇ 兵庫県 西宮市 平成29年6月(第9回)定例会−06月29日-06号
新しいウィンドウで開く

問題提起としては面白いと思いました。「シニアサポートステーション」の看板を掲げることで、西宮市が引きこもりの高年齢化に対応していて、その相談窓口があることを市民に伝える効果も期待できそうです。ただ、引きこもりの相談窓口は、年齢別にではなく第一次相談窓口にまとめた方が分かりやすいという考え方もあるかもしれません。

それにしても、高年齢の引きこもり当事者のニーズが多様ならば、現状の引きこもり支援は高年齢層にどう対応しているのか気になりました。また、引きこもり支援の対象年齢は何歳までなのでしょうか。

なお、行政ではなく家族が主体の取り組みとしては、次のような情報もあります。記事を読む限り、こちらは当事者よりも家族支援の方でしょうか。

↓ 『京都新聞』ホームページへのリンクです。
◇ 40、50代の長期引きこもり支える 京都で「語り合う場」
新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。